私のマチの駐在さん奮闘記
 【 平成 28 年 】
9月の出来事  
乙部町で「Pちゃん」と「れん・りー」が交通安全~乙部駐在所
 乙部駐在所では、子供の車道への飛び出しを防ぐため、乙部町立つくし幼稚園の園児と、町内にある横断歩道前の歩道上に交通安全ステッカーを貼付しました。
 このステッカーには江差警察署のマスコット『Pちゃん』と乙部町キャラクター『れん・りー』が画かれており、園児らは、「かわいい」「横断歩道は車が来ないか見てから渡ります」などと話し、交通安全への意識を高めることが出来ました。
10月の出来事 
 上ノ国町の駐在さん、寸劇を披露
 上ノ国町を守る駐在所員5名(上ノ国、中須田、湯ノ岱、石崎、滝沢駐在所)が、10月に開催された敬老会やふれあいサロンで寸劇を披露しました。
 お題目は「振り込め詐欺撲滅!留守番電話大作戦!」です。
 ストーリーは、おじいさんの家に孫を名乗る男から「電話番号が変わった」「借金70万円を代わりに振り込んで」という電話が入るところから始まります。
 おじいさんは、警察官から「電話番号が変わったは詐欺」「留守番電話にしておくと相手を選んで出れますよ」と教えてもらいます。
 おじいさんが自宅の電話を留守番電話にすると、犯人からまた電話がかかってきて、犯人は留守番電話に「○○番の口座に振り込んで」「電話番号は◇◇だよ」と、犯人につながる情報が録音したことにより、だまされずに、犯人も御用となるというものです。
 寸劇を見た人からは「楽しく学習できた」「詐欺に注意します」と好評でした。