ホーム各課・係からのお知らせ - 薬物乱用の防止


▽薬物乱用の防止について▽ 

 覚せい剤等の薬物乱用問題は、個人の心身を滅ぼすのみではなく、薬物乱用による幻覚、妄想が家庭を崩壊させ、更には殺人、放火等の凶悪な二次犯罪や重大な交通事故を引き起こすなど、治安に大きな影響を与えており、社会問題の一つとなっています。

◇薬物には絶対に手を出さない◇
 薬物の恐ろしさを知らずに「一度だけなら」という安易な気持ちや好奇心から手を出してしまうと、薬物に対する依存が強くなり、精神に異常をきたしたり、急性中毒症状で死に至る危険があります。一度、薬物を乱用してしまうと、薬物なしではいられなくなり、繰り返し使用していると量や回数も増え悪循環に陥ってしまいます。また、やめてからでも数年後に突然精神障害が起こるフラッシュバック(再燃焼現象)が現れることもあります。
 これらの覚せい剤などの薬物には絶対に手を出してはいけません。

◇薬物による利益が暴力団等の資金になります◇
 暴力団等の犯罪組織は、覚せい剤などの薬物の密売により莫大な不法利益をあげ、組織の資金源にし、あらたな犯罪を敢行するなど市民生活の安全に支障を与えています。

◇若者に広がる薬物汚染
 MDMA等の合成麻薬や、大麻の検挙人員、押収量が高水準で推移しています。特に、若者の間では警戒心や抵抗感が薄れ、ファッション感覚で薬物を使用するのが増加しており、格好いいと思っている人もいます。あなたの周りにも魔の手が忍び寄っています。薬物を拒否する強い意志を持ちましょう!

◇薬物犯罪捜査へのご協力をお願いします◇
 皆さんからの通報が薬物犯罪の検挙に結びつきます。
 薬物に関する情報を得たときは、断片的なものでも、江差警察署、各駐在所に相談・ご連絡をお願いします。
薬物で幻覚を見ている人薬物乱用防止

薬物に関する情報は、江差警察署又はお近くの駐在所までご相談・連絡を。
 江差警察署 0139−52−0110

戻る


函館方面江差警察署刑事係 電話0139‐52‐0110(代表)