ホーム ‐ 江差警察署からのお知らせ
警察署からのお知らせ
 平成29年11月
1 社会に広げよう被害者支援の輪
 犯罪被害に遭うということ、あなたはそんなことを考えたことがありますか。
 犯罪被害者の方々は、ある日突然、犯罪の被害に遭ったことで、直接的なダメージのみならず、被害後も
被害のトラウマによるフラッシュバック
被害によるパニック障害、睡眠障害等の発症
生活の立て直しや医療費などの経済的負担 
周囲の人からの心無い言動による二次的被害
など様々な問題を抱えながら、一人で苦しんでいることが少なくありません。
 このような被害者の現状を理解し、一日でも早く被害者が問題を克服できるように寄り添い、社会全体で被害者を支えていくことができる支援の輪を広げていきましょう。 
 警察では、事件や事故の被害に遭われた方や家庭内暴力、ストーカー、お子さんのいじめ問題等で悩んでいる方のために、民間被害者相談窓口のカウンセラーがあなたの話をお聞きします。
 事件や事故でお悩みの方は、勇気を出してご相談ください。
 
 警察相談電話
  被害者相談 
    性犯罪相談110番   ♯8103(ハートさん) 
    上記でつながらない場合は、
  0120−677−110
   ・ 一般相談 
    専用電話         ♯9110
 民間相談電話 
    函館被害者相談室    0138−43−8740
  
2 犯罪被害者給付制度について
 犯罪被害給付制度は、故意の犯罪行為により、亡くなった犯罪被害者のご遺族や重傷病を負い、又は障害が残った犯罪被害者の方に対して、国が給付金を支給する制度です。
 法律により給付金を受けることができる方や申請の期間・方法が規定されているほか、親族間で行われた犯罪や犯罪被害者に原因がある場合んいは給付金の全部または一部が支給されない場合があります。
 また、労災保険などの公的補償を受けたり、損害賠償を受けた場合には、その額と給付金の支給額とが調整されますので、詳しい内容については警察本部又は最寄りの警察署にお問い合わせください。
3 ストーカー・配偶者からの暴力事案及び児童虐待の防止
 ストーカーや配偶者、交際相手からの暴力で悩んでいませんか。
 「恥ずかしい」「大げさにしたくない」と一人で抱え込まず、事が大きくなる前にできるだけ早く相談しましょう。
 警察では、被害を拡大させないために、相手に対する警告、禁止命令、検挙等の措置、被害者を保護するための一時避難などの支援措置等を取るほか、緊急通常装置の貸与も尾の買っています。
 また、児童がいる家庭内における配偶者からの暴力事案では、暴力を目撃した児童の心に大きな傷を負わせることにもなります。
 一人で悩まず、早めの相談がご自身と児童の被害の未然防止、拡大防止につながります。
 各警察署の相談窓口、相談ダイヤル「#9110」又は各市町村に相談してください。 
 
 
4 冬山は 装備・計画 しっかりと 
 冬山は、見渡す限りの銀世界、白雪を踏んで厳しい自然環境と闘いながら山頂を極める醍醐味など、夏山とは違う大きな魅力があります。
 その反面、吹雪などの悪天候、寒気、雪崩等の危険な要素を多く含んでおり、滑落、雪崩、吹雪による道迷いなどの遭難も多く発生しています。
 
 無理のない計画と登山計画書の提出を 
   登山技術、体力、経験に応じた山を選ぶとともに、無理のない計画を立てて、必ず登山計画書を最寄りの警察署又は交番、駐在所に提出し、家族や職場などにも日程を必ず知らせましょう。
 警察本部のホームページから、メールで登山計画書を提出することが出来ます。
 
 パーティーでの登山を 
   単独での登山を避け、経験豊富なリーダーのもとで、パーティーを組んでの登山に努めましょう。
〇   万全の装備と余裕のある食料などの準備を 
   装備不備や食料の不足が生死を分けることがあります。
 悪天候の条件下でも耐えられる十分な装備と停滞時の予備食料や燃料などを準備しましょう。
 携帯電話を持ちましょう。
   万一の場合の通信手段として、携帯電話を携行するとともに、予備のバッテリーを携行しましょう。 
 入山前に気象状況の確認を 
   入山前に必ず気象状況を確認するとともに、絶えず気象情報に注意し、天候の悪化が予想される場合には登山を中止する、下山するなど安全登山に努めましょう。 
 冬山では慎重な行動を 
   冬山では、雪庇の踏み外しによる転落や雪崩などの危険が予想されます。
 稜線や谷などでは地形、積雪、気象条件などを総合的に判断し、雪庇や雪崩の危険性がある場所は回避するなど、慎重な行動を心がけましょう。
 
5 この顔に ピンときたら 110番 
 
・ 指名手配犯人検挙にご協力を!
 全国警察の総力を挙げて指名手配犯人の追跡捜査を行っていますが、一人でも多くの指名手配犯人を早期に検挙するためには、捜査に対する皆様のご理解とご協力が欠かせません。
 逃走中の指名手配犯人に関する情報は、どんな些細なことであっても、ためらわず110番又は最寄りの警察署、交番、駐在所に連絡をいただきますよう、よろしくお願いします。
・ 捜査活動にご協力を!
 本年に入り、犯罪発生件数は、減少傾向にあるものの、殺人、強盗、放火等の凶悪犯や振り込め詐欺等の悪質な犯罪が後を絶たないほか、暴力団が密かに活動を活発にしているなど、予断を許さない状況にあります。
 このような情勢の下、犯人を早期に検挙して事件を解決するためには、捜査に対する皆様のご理解とご協力が欠かせません。
 皆様から寄せられた不審者、不審車両などに関する情報によって多くの事件を解決しております。犯人や事件に関する情報は、どんな些細な事であってもためらわず110番又は最寄りの警察署、交番、駐在所にご連絡をいただきますよう、よろしくお願いします。
6 わたろうか 迷う気持ちは 赤信号
 「冬の交通安全運動」が実施されます。
 〇  運動期間 
   11月11日(土)〜11月20日(月)の10日間
 〇  運動重点 
   高齢者の交通事故防止 
   凍結路面等でのスリップによる交通事故防止 
   飲酒運転の根絶
 〇  交通事故防止ポイント 
  お年寄りの皆さんへ
   外出するときは、ドライバーに目立つように、明るい色の服を心掛け、反射材を身に付けましょう。
   道路を横断するときは、信号機や横断歩道を利用しましょう。 
   横断前の安全確認はもちろん、横断中も常に左右の安全を確認しましょう。 
  凍結路面でのスリップ事故防止のために 
   早めに冬用タイヤに交換して、急な降雪や凍結路面に対応できるよう準備しましょう。
 特に山間部や峠等を通行する際は、必ず冬タイヤを装着しましょう。 
   日陰や橋の上、トンネルなどでは、路面が凍結している場合があるので、路面状況をよく鵜確認して安全な速度で運転しましょう。 
     飲酒運転の根絶 
   飲酒運転は悪質な犯罪です!「飲酒運転をしない、させない、許さない」を合言葉に、北海道から飲酒運転を無くしましょう。 
   二日酔いでの運転も「飲酒運転」です。少しでも体にアルコールが残っているようなら、運転は絶対にやめましょう。 
  
 

  函館方面江差警察署警務係 電話0139‐52‐0110(代表)