ホーム ‐ 各課・係からのお知らせ ‐ 江差警察署でほんとうにあったこわい儲け話
江差警察署でほんとうにあったこわい儲け話
 
 全国的に「絶対に儲かります」という言葉に騙されて、お金を振り込んでしまう事案が多発しています。
 実は江差警察署管内でも送金を未然に防いだ事案を含めて、このような事案が発生しているのが現状なのです。
 ここでは、実際に当署で相談を受けたケースを紹介しますので、同じような儲け話には騙されないで下さい。

 「金」の購入話
Aさん(一人暮らしの70代女性)のケース
   ある日、身に覚えのない「○○株式会社」と書かれたパンフレットが届きました。中を見てみると、その会社は「金」の取引をあっせんしている会社であるという説明が書いていました。Aさんは特に気にすることなく、そのまま過ごしていました。
 すると、1週間後、突然、自宅に××証券を名乗る男性から
「お宅に○○株式会社のパンフレットが届いていませんか。金は必ず高騰するのですが、数が足りないので、そのパンフレットが届いた人しか金を購入できないのです。
あなたはついていますね。もしあなたが先に金を購入してくれれば、当社でその購入代よりも100万円高く買い取ります。あなたは金を買って、すぐに当社に売るだけです。ですから実際には100万円丸儲けですよ。」
という電話が来たのです。
 Aさんは
「あのパンフレットが送られた人しか金が買えないのか~。簡単に100万円儲けられるなら、金を買っちゃおうかしら。」
と男性の話を信じてしまいました。
 そして、○○株式会社に電話して、指示通り、金の購入代金300万円を宅急便で送ろうとしました。
幸いにも、宅急便の業者の人がAさんの荷物を不審に思い、警察に通報したので、Aさんが騙されていることに気付き、送金はされませんでした。
宅急便の業者の人が通報しなかったら、300万円が騙し取られていたかもしれません。

   ロト6必勝法
Bさん(家族と同居する50代男性)のケース
   ある日、Bさんが使用するパソコンに「会員登録すれば、ロト6で必ず当たります」というEメールが届きました。メールが気になったBさんは、家族に相談しないで、そのサイトに会員登録してしまいました。ロト6の抽選日の10日前、サイトの社員を名乗る男性から
「Bさんのような信頼ある方に特別に教えますが、ロト6の当選番号を教えてくれる情報提供会社があるんです。
情報料として250万円掛かりますが、教えてくれた当選番号でロト6を買えば確実に800万円以上は儲けます。情報料250万円の内、200万円を当社が負担しますので、残りの50万円を入金してくれませんか。」
という電話が来ました。
 Bさんは
「本当なら250万円も掛かるのに50万円で当選番号がわかるのか~それならおいしい話だ。」
と思い、指示通り、50万円を入金してしまいました。
 Bさんは
「後は教えてもらった当選番号のロト6を買うだけだ。」
とわくわくして過ごしていたのですが、会社から連絡が来ません。抽選日当日、やっと男性から連絡があり
「申し訳ありません。いつも抽選に使用している玉ではなく、急遽、今回に限り違う玉が使用されることになりました。ですから、今回は当選番号はわからないそうです。
しかし、次回の抽選時には、今回の損失を補填する儲けが出ますので、さらに、100万円入金して頂けないでしょうか。」
と言うのでした。
 Bさんはこの時になって初めて
「この話はおかしい。もしかして騙されたかもしれない。」
と思い、警察署に相談に行きました。
 ギャンブルや宝くじが確実に当たったら、当然、みんながやりますので、そのギャンブルや宝くじ自体、なくなってしまいます。少し冷静になって、誰かに相談していれば気が付いていたかもしれません。
   
悪徳業者は
      あなただけ特別です
      ラッキーです、ついています
と言って、その気にさせ、決め台詞に
      必ず儲かる
と誘ってきます。
 このような電話があった際は
       一人で決めない
       すぐにお金を振り込まない
       きっぱりと断る
ようにして下さい。

函館方面江差警察署生活安全係 電話0139‐52‐0110(代表)