ホーム各課・係からのお知らせ - 私事性的画像記録を公表・提供すると罰せられます!
私事性的画像記録を公表・提供すると
罰せられます!
~『私事性的画像記録の提供等による被害防止に関する法律』の施行~
 
 平成26年11月27日に、『私事性的画像記録の提供等による被害防止に関する法律』が施行されました。(罰則については平成26年12月17日から)

 この法律の施行により、今後、私事性的画像記録をインターネットで公表したり、他人に提供したりすると処罰されることがあります。
 
 私事性的画像記録(物)とは?
 性交場面や衣服を着けない姿態等が撮影された画像(電子データ)、写真、USBメモリなどです。
   
被害防止のイラスト
   本人が第三者に見られることを了承した画像(アダルトビデオやグラビア写真等)を除く。 
  
 どんな罪があるの?
   公表罪
 撮影対象者を特定できる方法で、私事性的画像記録(物)を不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列すること。
 
   公表目的提供罪
 公表させる目的で、私事性的画像記録(物)を提供すること。
 
   
 どのような罰則があるの?
   公表罪 → 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
   公表目的提供罪 → 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金 
  
 もし自分の画像が公表されていたら?
 インターネット上に掲載された画像は、プロバイダ等を通じて削除要請することができます。
 こうした被害に遭われた方は、被害が拡大しないように、早期に最寄りの警察署等に相談して下さい。
被害防止のイラスト
  
 その他
 性的画像に関する法律は本法律以外にも施行されています。
 この法律に該当しない行為でも、他の法令に抵触する虞があります。
 

戻る


函館方面江差警察署生活安全係 電話0139‐52‐0110(代表)